2014年02月17日

諦めない心、葛西選手が銀メダル

ソチ五輪スキージャンプ・ラージヒルにおいて、
日本の葛西紀明さんが見事銀メダルに輝いた。
葛西さんはスキージャンプ出場選手中最年長の41歳。
五輪挑戦は今回で7度目だった。

近年はトレーニング方法が進化しているとはいえ、
41歳という年齢で世界レベルを保つには相当な精神力が必要だろう。
一般的な41歳といえばアスリートとは程遠い生活を送る人が殆どだ。
ここまで選手としてやってこれた秘訣を聞かれ葛西選手はこう答えた。
「夢は叶うと信じて諦めずにやってきたこと」

言葉にするのは簡単だが20年以上もその気持ちを維持し続け、
4年に一度しか訪れない舞台に向けコンディションを作り、
年齢とともに衰えてくる自身の肉体を維持する作業は想像を絶するものがある。
同世代にとってはまさに希望の星で憧れの存在。
葛西選手のこれからの活躍に期待したい。
posted by アンドレア at 00:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする