2015年09月03日

飲酒・喫煙の年齢引き下げは妥当か

自民党が発表した飲酒・喫煙の年齢を18歳から許可する法案。
これまで20歳からとなっていたものを、
選挙権が18歳から与えられるようになったことで議論されている。
この提案には賛否両論の意見があり、
連日ニュースでも取り上げられているように世間からの関心も高い。

00taba.jpg

まず賛成派の意見としては、
これまでも大学生や新社会人の歓迎会の席などで、
18歳からの飲酒は多くのケースで黙認されていたも同然だった。
つまり法令上は20歳としながらも、
「高校を卒業すれば飲酒・喫煙をしてもいい」という風潮が蔓延しており、
今回の法案で飲酒・喫煙の年齢が引き下げられようとも、
さほど大きな影響はないのではないかというものだ。

これに対して反対派の意見はシビアだ。
若年層からの飲酒や喫煙が身体の成長に悪影響なことは周知の事実。
選挙権が18歳から得られるようになっても、
それが「18歳で大人の身体が完成する」という定義にはならない。
増して世の中は健康志向による禁煙ブームが進行して喫煙人口は年々減少。
公共の場での喫煙は喫煙エリアのみに制限されるなど、
喫煙者への風当りは強くなる一方。
ここで年齢制限を引き下げることは、
飲酒や喫煙を助長することになりかねないという意見だ。

この先も相当議論が繰り返されそうなこの法案。
これを自民党が世間から反発されるのを承知で打ち出した背景には、
以前から問題視されている少年法を見直したいという思惑が感じ取れる。
最終的には少年法で20歳未満は未成年とされている規定を、
今回の件も含めて一律18歳以上は成人としたいのではないだろうか。
今後もこの件については注目していきたい。
posted by アンドレア at 11:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする